So-net無料ブログ作成

いい加減で楽観的な人の方が長生きするって本当ですか? [病気]

病気と性格の関係は?

CT.jpg


現代の日本人の死亡原因は圧倒的にがん(悪性新生物)が原因で亡くなる人が多いのです。
男性約30%女性25%が、がんで亡くなるようです。

人口10万人あたりのがんで亡くなる死亡率は1970年(昭和45年)対2009年(平成21年)での比較は、約2.4倍も増えたことになります。

がんが増えてきた要因は色々と取りざたされておりますが、その中の一つに性格もがんになる要因として研究されていることをあなたは知っておりますか?

性格といわれると自分はどうなのだろうと考えてしましそうですが、どうも人それぞれの性格の違いによってがんになりやすい人とそうではない人にわかれるそうなのです。

イギリスでの研究では、それぞれ家系の違う1500人の40代から50代の家主の性格と寿命を調べた研究があります。

この研究では、早死にした家主の性格は上手くいかなかったことを自分のせいにするような悲観的な生格だったということです。
また死亡原因の8割ががんであったということです。

一方、長生きをしている家主の性格は全く逆で、上手くいかなかったことなど気にしない楽観的な性格だというのです。

これは一体どう言うことなのでしょうか?

がんに犯されると言うことは、自分の免疫力が落ちていることでがん細胞に体が犯されることになるのですが、性格の違いで免疫細胞の違いがあると言うことのようなのです。

悲観的な性格の人は、体の免疫細胞を自ら落とすことになるのが原因のようです。

がんになりやすい人の性格は?

古くから性格とがんの関係については、研究されており心理学者のハンス・アイゼンク博士の研では、
・周囲と調和を優先する性格
・自分を抑え込む性格
・悲しみや不安を表情に表すことができない性格
・自分で抱え込んでします性格
・失敗を自分のせいだと感じる性格

あなたはの性格はどうでしょうか?このような性格の人が精神的ダメージが大きいようですね。

今のストレス社会で精神的ダメージを感じないで生活するすることなど難しいとは思いますが悲観的な考え方はあまり良くないようですね。

ではがんになりにくい人の性格はどうでしょうか

・失敗があっても人のせいにして気にしない性格
・運がわるかった、あいつが悪いからだなど・
・失敗などすぐに忘れる性格

などの楽観的で、多少いい加減な方が長生きできるのです。
あなたの周りにもこのような人はいるのではないでしょうか?

いい人をやめることが、がんになりにくい一つの方法かもしれません!

アメリカの心理学所が研究したないようで「がん性格ータイプC症候群』と言う著書のなかでは

自分のせいにするような、いわゆるいい人をタイプCと分類した時にがん患者にみられる性格としております。

また進行したがん患者150名の面接を実施し性格を判別したところ約3/4にタイプCにみられる性格であったと言われております。

そのような意味でも自己犠牲的な考え方や自分で抱え込むような考えから変えていくことで自己免疫を保つことを心がけたいですね?

聞こえてきそうですが、、今の時代にストレスなくすごせるわけがないだろうと・・・

参考)厚生労働省
免疫力アップがすべてのポイント! “健康常識"はウソだらけ (WAC BUNKO)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ↓お願いします。


健康と医療ランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。