So-net無料ブログ作成
検索選択

睡眠をとらないと肥満になる理由とは? [肥満]

いそがしいあなたは要注意!

肥満.jpg

現代社会と睡眠時間との関係は切っても切り離せないと思います。
なぜなら忙しい現代社会でしっかりと睡眠をとっている人は少なくなってきているからです。

2010年国民生活時間調査報告書では 2005年と比べると、国民全体で睡眠時間が減少しており層別にみると、睡眠時間が6時間台と短いのは平日の男女40・50代で、最も短い女性40代は6時間28分となっております。

この様に睡眠時間が減っている背景は仕事や家事による要因が大きいのかもしれませんね!

それではなぜ睡眠時間が短いと肥満に成りやすのでしょうか?

これらは医学的にも検証されていることから言えるのですが睡眠不足になると、満腹ホルモンであるレプチンが減少し、摂食ホルモンであるグレリンが増えて、太りやすいホルモン環境になります。

睡眠不足になることで体のホルモンのバランスが変わり太りやすい体質に変わることが原因となります。

例えば食べ物の好みが変わり塩辛いものや炭水化物を欲する様になるそうです。

自分も思い当たることがありますが徹夜続きで遅く起きていると小腹が減ってカップラーメンなんかついつい食べてしまいます。

睡眠時間と血清レプチンとグレリンの関連を示した論文を見てみると、対象となる被験者の睡眠時間(6時間~9時間)と満腹ホルモンであるレプチンの関係は睡眠時間が短くなることでレプチン濃度は低くなっています。

一方、摂食ホルモンであるグレリンは睡眠時間が4.5時間~6.5時間の被験者では高い傾向にあります。

またBMI(肥満度)と睡眠時間の関係ではU字カーブを描くことになり睡眠時間6時間の被験者が一番BMI値が高い傾向になり7時間から8時間の被験者が一番BMI値が低く睡眠時間が多い9時間の被験者でまたBMI値が高くなる傾向(寝る子は育つ?)になるようです。

これらの研究から6時間程度の睡眠しか取れない方はホルモンバランスが太りやすい体質であり実際太っている人が多いと言う結果になりました。

これらの研究から理想的な睡眠時間としては7時間~8時間と言うことになります。

また以前睡眠について書いた記事にもある様に夜型の生活になると体内時計がずれると言うことが起こります。

そうなると自立神経などにも影響がでたりすることから体調不良につながることにも気をつけなければなりません。

現代社会では中々理想的な睡眠時間を取ることは難しいとは思いますが、睡眠不足から太りやすい体質へ変わることがこれらの研究からわかってきましたので睡眠が十分に取れていない人は食べ物についても考えてみる必要があるかもしれませんね!

あ!もうこんな時間だ早く寝なくちゃ!

参考)Taheri S, et al. PLoS Med.2004;1:e62.


スポンサードリンク




タグ:睡眠 BMI 肥満

病院で処方してもらった薬は薬局と値段が違うの知ってます? [薬]

基本調剤料と言う名の不可思議!

処方箋.jpg


あなたも病院で診察してもらったことがありますか?

昔は病院でそのまま薬をもらっていたと思いますが、医薬分業が進んだ今日では病院でもらう場合と処方箋なるものを病院でもらってその処方箋を近くの薬局いわゆる門前薬局へ持っていき薬をもらうと言うのが最近の流れではないでしょうか?

この薬局でもらう(買う)薬は、薬局ごとに値段が違うと言うことを皆さんは知ってました?
私はぜんぜん知りませんでした!

薬局で思いつくのは病院やクリニックのすぐ近くに併設されているようなイメージかと思いますが、街中を見てみると『どこの医療機関の処方箋でも大丈夫です!』の様な看板があり病院の近くでもないのに薬局があったりします。

まあ当然病院にかかってからすぐに薬をもらえない人もいたりするので、街中にも薬局があれば利用者には便利だと思います。

この薬局の種類でどうも薬の値段が違う様です。

門前薬局と街中の薬局でたとえば6日分のかぜ薬を処方してもらうと門前薬局で550円、街中の薬局では590円かかりその差は40円違います。

さらに今でも3割程度は病院で薬をもらえますがその場合は210円となり街中の薬局との差は340円となってしまい、さすがにこの差は大きいと言わざるをえません。

なぜこの様なことが起こっているのか気になるので調べてみると、薬漬け医療と呼ばれていた時代に医師が手持ちの薬に左右されずに自由に処方できるように始まった院外処方にあります。


調剤基本料とは?
薬剤師の技術料(手間賃)になります。

薬剤師の専門性をいかし、たとえば薬の飲み合わせや医師の処方内容を確認するメリットがあると言われておりこれらが薬剤師の手間賃である調剤基本料と呼ばれるものです。

薬の値段の違いは、院外へとなった薬局は処方箋一枚につき調剤基本料が410円を受け取れ患者への料金へ加算されます。

門前薬局の場合は調剤基本料が250円に引き下げられており、これは集中して処方できることにあるようです。

一方で、街中の薬局はどこから患者が処方箋を持ってくるか分からないため沢山の薬を持っている(在庫)が必要なので基本料が高くなっていると言うのです。

この料金は政府が決めており、街中の薬局を優遇しようとする政府の思惑があるとも言われております。

それは街中の薬局を推進する理由としては複数の医療機関の薬剤情報を一元化したい思惑があるようです。

それにしても院内外での薬の価格差が2.5倍は高すぎると思うのは私だけでしょうか?


スポンサードリンク


病院で測る血圧より家庭で測定する血圧が良い?理由! [血圧]

家庭血圧計の普及率

家庭血圧計.jpg


平成22年度の国民健康栄養調査の報告では家庭血圧の普及率は、約4000万台と推定され、これは1家に1台の数に相当する台数で家庭血圧は日常の測定装置といえると思います。

内訳として、高血圧患者の77% 非高血圧者の方で40%が血圧計を所有しているということです。


家庭血圧の有用性

普段の血圧が測定できる!
家庭血圧測定における精度は病院等の診察室で測定する血圧値より良いとされております。
これは、測定環境による影響があり病院での血圧測定は人によって緊張などで普段の血圧値よりも高く測定されてしまう【白衣高血圧症】といわれる症状が起こる場合があります。

日内(家庭血圧)で正常血圧であれば、病院での一時的な高血圧の値のみでは高血圧の治療対象とはならないのです。

そのような意味でも家庭血圧の測定値を重要視するようになってきました。

薬の効果や季節変動の血圧が確認できる!
降圧薬治療をされている方で家庭血圧の有意性は、降圧薬の薬効評価がしやすいことにあります。

病院で血圧測定する回数に比べて家庭血圧では任意の回数を測定することができるため、特に過剰な降圧や不十分な降圧の薬効評価をすることができるとされています。

M/E比と呼ばれるmorning/evening比を家庭血圧で測定した値から計算することができます。

また、家庭血圧は長期にわたって測定したデータが得られることから季節変動により病院のみで得られるデータより血圧値の変化などの評価に有用であると言われております。


家庭血圧の測り方

どのようなタイプの血圧計を使うか家庭血圧を測る条件など日本高血圧学会のガイドラインからまとめてみました。

日ごろ家庭で測定するのに現実的かは少々疑問ではありますが・・・


装置         上腕式血圧計

測定環境       静かで適当な室温環境
          原則背もたれつきイスに足を組まずに座る
          座って1~2分の安静をとる
          会話をしない
          測定前に喫煙、飲酒、カフェインは摂らない
          カフ位置は心臓の高さに維持できる環境

測定条件      必須条件
          朝、起床後1時間以内
          排尿後
          朝の服薬前
          朝食前
          座って1~2分の安静後

          夜(就寝前)
          座って1~2分の安静後
          追加条件
          指示によっては夕食前、夜の服薬前、飲酒前など

家庭血圧測定回数   原則2回測定し平均をとる
          1回のみ測定した場合はその値を用いる

測定期間       できるかぎり長時間

記録         すべての測定値を記録する

評価の対象      朝測定値5日(5回)以上の平均値
           夜測定値5日(5回)以上の平均値
           すべての個々の測定値

評価 高血圧    :朝・夜それぞれの平均値≧135/85㎜Hg
正常域血圧     :朝・夜それぞれの平均値<135/85㎜Hg



家庭血圧計の選び方
これらの条件を考えると家庭血圧計の選び方もある程度ポイントがあるように感じます。

朝と夜でそれぞれ記録を保存できるタイプやデータ数の保存数が多いものまた測定しやすいようにカフが一人でも巻きやすいものが良いでしょう。

朝夜の平均値から高血圧の値となるようであればデータを持参して医療機関に相談しましょう。

あくまでも個人的は意見で言えば、家庭血圧の高血圧と病院での高血圧と言われる値の差はわずか5㎜Hgしかありませんが、家庭血圧計の誤差自体が平均値±5㎜Hgなのでそもそも誤差の範囲でしかないような気はするのですがどうなんでしょうね?

参考)高血圧治療ガイドライン2014


スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。