So-net無料ブログ作成
検索選択

血圧計の選びかた [血圧]

血圧の歴史

血圧計.jpg


1600年代初めにイギリスの医師によって馬の頸動脈にガラス管を刺してガラス管の中を上昇、下降する血液からはじめて体に血液の循環があることを発見しました。

その後、体に傷を付けずに血圧測定が行えるまでには実に100年が経過してからになります。
血圧に関して詳しくは以前書いた記事《 血圧の話 》を参考にしてください。

血圧計とは?

最近では、血圧計も家電製品として店頭にもたくさん並べられており種類や価格もかなりあるので、購入しようとされる方は、何を基準に選べば良いのか迷うところでは無いでしょうか?

そこで血圧計について今回は話してみようと思います。

血圧計とは血圧を測定する機器で名前の通りですが、大きく分けて2種類あると考えられます。

一つは、病院などで医師や看護師さんが測定するときに使用する水銀血圧計と言われるタイプと一般に家庭で普及している自分でカフを腕または手首に巻いてボタンを押すと自動で測定する電子血圧計と言われるタイプになります。

これらは、測定方式による違いで分かれます。


血圧計の原理

聴診法

水銀血圧計と聴診器を用いて測定する方法で、主に病院で医師や看護師に測定してもらうことになります。

原理は、上腕に巻いたカフに空気を送り最高血圧以上の加圧をします。この時カフが巻かれた腕の血管は上腕血圧値以上の圧力が加わった時には、血管が閉塞(つぶれた)状態で血流が止まった状態になります。

加圧した圧力を排気弁と呼ばれる(バルブ)を微妙に開きながらカフの圧力を徐々に抜くと、血管に加圧された圧力が減少し血圧によって血管が開き血液が流れだすとコロトコフ音と呼ばれる音が発生します。この音を聴診器で聞こえた時の血圧計の圧力が最高血圧値となります。

さらにカフの圧力を抜いていくとコロトコフ音が消失する時の圧力を最低血圧となるのです。

ロシアの外科医によって発見されたこのコロトコフ音を聴き血圧測定をする方法が現在でも血圧測定法の基本とされております。

オシロメトリック法

一方、オシロメトリック法と呼ばれる測定方式は、カフを加圧した時に拍動によって振動(oscillation )がカフ内に発生することを利用した測定になります。

物理的にこの振動は血管に加わるカフ圧力と平均血圧値が、ほぼ同じ時に最大振動が発生することが分かっております。

ただこのオシロメトリックで測定できる値は、平均血圧値のみと言われており最高血圧値や最低血圧値を測定することはできないのです。

ではどのように血圧値を機器は求めているのかと言うと、平均血圧値を基準に、最高、最低血圧値付近の振動と聴診法で得られたデータから測定値を決定するアルゴリズムを用いて決定しているのです。

これは血圧計メーカ―がそれぞれ独自のアルゴリズムを用いているため決定値の根拠はメーカー別に違うので良くわからないのが実際のところです。

ただ、聴診器を使用せずカフのみで測定できることから一般の家庭向け血圧計から現在は病院で使用する血圧計まで広く採用されております。


血圧計の精度は

電子血圧計の精度も聴診法との比較をして精度が決められておりますので、電子血圧計として販売されているものは精度の規格が通っていることになります。

この規格は評価基準としてはAAMIと呼ばれる米国規格を用いることが多く精度範囲は聴診法と平均値が±5mmHg以内で標準偏差±8mmHgの規格の範囲があります。

標準偏差は、ばらつきを表しますので電子血圧計は±8mmHg程度のばらつきがあるのは許容範囲となり、この程度の誤差は電子血圧計では普通にあることになります。また、測定する人によってはさらに誤差が増すとも言われております。

電子血圧計のカタログ等に書いてある圧力精度3mmHgと書いてあることがありますが、あくまでも圧力精度であり測定精度ではありません。

血圧値の基準とされる値は139mmHg以下で140mmHg以上から高血圧と診断されてしまいます。一定のばらつきがある電子血圧計で測定した値も血圧分類上1mmHgの違いで正常、異常の判定がされてしまうことに少々疑問を感じてしまうのは私だけでしょうか?

ちなみに血圧計に関する日本高血圧学会の見解は規格の通った機器を使用することを進めており、電子式血圧計では上腕式としております。

手首式を推奨していない理由としては、橈骨動脈(とうこつどうみゃく)と呼ばれる血管を駆血して測定するのですが、人によっては動脈の周りにある腱などの違いによってしっかり駆血されないことや測定するときの手首の高さなど測定誤差の要因があるためです。

血圧計の選び方

それでは、各社色々なタイプがある血圧計のどれを選べば良いかと言うと、結論はどれでも良いと言うことになります。

つまり血圧計と呼ばれる機器は精度において規格を満たしたものしか現在は販売されてせんので、価格が高いからと言ってものすごく測定精度が良いと言うことでは基本的に無く、後は好みで選んでもらえれば良いと言うことです。

価格で言えば表示が大きいとかメモリ数が多いとかスマホと通信ができるなど機能が追加されることで価格帯に幅があると言う程度になります。

車で言えば、価格帯の高いモデルになるほど利益が出るのと同じで、血圧計もたくさんの機能がある高いモデルの血圧計を買ってくれるお客さんはメーカー的にはありがたいのです。

血圧を測るだけで良いのであれば、安い物で十分と言えます。
それでも色々と機能を検討したい方は家庭用血圧計の価格帯別に比較した以下サイトを参考にしてみてください。

家庭用血圧計選びで大切な3つのポイントとは?

引用 日本高血圧学会 文献 Mixter,G.Jr:Respiratory augmentation of inferior vena caval flow demonstrated by a low-resistance phasic flowmeter,Am.Physiol.,172,pp.446/456(1953) 生体用センサと計測装置 コロナ社 



スポンサードリンク





「首のうしろを押す」だけで健康になる とは? [健康法]

誰も知らない方法で体の治癒力があがる

指.jpg


新規患者の受付が4~5年先になる程の患者さんが待っている鎌倉の診療所「鎌倉ドクタードルフィン診療所」を開業している松久 正院長は西洋医学にある診療をするわけでは無く薬は処方せず、注射も手術もしないそうです。

今の日本では病院で診察してもらいクスリで病気を治すことが常識と思っている人には信じられない話かもしれません。

実は院長は現在の医療の最先端を経験してきており、アメリカで本当に人間が病気を治すのに必要なことを突き詰めたのが「ガンステッド・カイロプラクティック」言う技術だそうで、医学最先端のアメリカでは医療として認められております。

この技術を用いて行う診療は、神経の集まる背骨を正すことで脳からの神経の流れをスムーズにすることで人間本来の治癒力があがり病気を治しさらに病気にならない体にすることを日々患者さんへ行っているそうです。

この神経の流れをスムーズにする方法が自分で簡単にさらに指一本でできるとのことで紹介してみたいと思います。


スポンサードリンク





病気の因果関係とは?

病気には因果関係があり、例えば風邪などで病院へ行くと咳止め、熱があれば解熱剤とクスリによって患者の症状を抑えることで治療をしているのが大半ではないでしょうか?

また症状が抑えられたとのことで患者もクスリで治癒したと思っていると思います。本当は体で起こっていることは咳がでるのは菌などの異物を体の外に出し、熱は体を消毒している自然な作用なのです。

これにより人間の治癒力を鍛えられるのですが、クスリなどで症状を抑えることで体の治癒力自体を弱める事になるそうです。

神経の流れをスムーズにして病気の原因を断つ

体の細胞を始め心臓、膵臓、胃、肝臓などすべての臓器は脊髄を通って脳と神経がつながっており、この神経の流れがスムーズでは無い場合、細胞や臓器の異常が起こり体の不調や病気へ成ると言うのです。

人間は生まれてからの年数で神経の流れが滞っている人がいるそうです。この神経の流れに重要な場所が頚椎と言われる首の骨になります。

この骨が脳から全身へとつながる神経が束になっている場所だからです。神経の流れをスムーズにすることで、細胞からイキイキさせ病気を寄せ付け無い体をつくることができると言われております。

自分で指一本で行える健康法

診察した患者さんへ自宅でも神経の流れをスムーズにする方法を教えており、その方法を実践した患者さんの改善効果として
・風邪
・肩こり
・高血圧
・頭痛
・便秘
・アトピー
・腰痛などの改善効果

さらに

・疲れにくなった
・肌や髪がきれいになった
・風邪をひきにくくなった
・よく眠れる
・やせて体が軽くなった

などの声が寄せられているそうです。

この健康法は生命の重要部分を刺激する「ピンポイント療法」と言うそうです。
その部分とは首! 正確には耳の後ろになります。

この部分を指一本で軽く押し刺激することで、神経の流れがスムーズになるとのことです。

ピンポイント療法の実践法

刺激する場所は耳の後ろにある三角の形をしている骨の下の方を耳側1ミリ程度の場所です。

この時両側を刺激してみて、どちらか違和感のある方を探します。例えばゴムのような弾力であるなど、違和感の無い場合はマシュマロのような柔らかさだそうです。

実際に刺激するのは、違和感のある片方を刺激します。刺激は指圧のように力を入れずに指で軽く押す程度で良いようです。時間は1分程度とし最大でも5分程。

姿勢は寝てても座っていても良いようですが、体は正面を向いて刺激するようにします。

このように簡単な方法なので、普段の生活でちょっと時間の空いた時に行えるのが良いですね。

参考:
松久 正 著 「首の後ろを押す」だけで健康になる 王様文庫


スポンサードリンク


日本人と薬の意外な関係! [薬]

日本人は薬好き?
薬.jpg


日本の国民医療費に占める医療医薬品は厚生労働省の資料によると2011年で約22%の8兆円との数字があります。今後の高齢化を考えると医薬品の消費がさらに医療費を押し上げることになるのは明らかです。

世界的に見て日本の医薬品市場はアメリカの36%に次ぐ2番目の12%になります。これはヨーロッパの国々のフランス、イギリス、イタリア、ドイツを合わせた13.3%に近い値となり、これらの国々の人口を合わせると日本の約2倍になるので一人当たりの薬の消費量がいかに多いかわかると思います。

一方アメリカと比べると人口比では約3倍のアメリカですので36%という数字も妥当かと思われますが、アメリカの場合は簡単に比較しづらいところがあり政府が薬価に関与しておらず製薬メーカーによる価格体系が反映されるからです。

アメリカで以前1錠13万円という驚くべき薬価が話題にもなったのは、特に新薬による研究開発費の回収を優先するためにかなり高い薬価を設定することがあります。またアメリカでは日本のように簡単に病院外来へ行く人数が日本に比べると年間約9回に対して日本は14回で、さらに入院できる病院のベット数は日本1/4となっているのが現状です。

日本のような国民皆保険がないために一人当たりの病院受診回数や入院人数も少ないにもかかわらず医薬品市場が大きいのは全体で高額な医薬品が消費されているのではないかと考えられます。


スポンサードリンク




病院へ受診すると薬をもらのが当たり前!

日本は皆保険制度でほぼ医療機関はフリーでアクセスすることができ、基本的にはかかる医療費も点数化されており統一されております。

誰でも平等な医療が受けられることは素晴らしい制度ですが欧米に比べると日本は医療機関に気軽に受診することができるとも言えます。

日本人の感覚では風邪などの内科受診では特に薬で治すものだと思っている人が多く、病院での診察後に薬を処方してもらうことが当たり前と思っているのではないでしょうか?薬をもらわないと診察してもらった気がしない受診者、とりあえず薬を出す医者。

医者のこんなセリフを聞いたことはありませんか?「とりあえず抗生物質を出しておくから様子をみてみましょう!」

日本は病院へアクセスしやすく受診すると薬をもらうまでを一連の診察と考える日本では世界的にみて医薬品の消費量が大きくなることがよくわかります。

利益相反になってはならない

利益相反とは患者の治療効果など利益をより医師の利益(金銭や名誉など)が優先であってはならないとの考えであってもらいたいものです。

記憶にある事例では降圧剤のデータ改ざんによる特定製薬メーカーの製品を持ち上げた医者などは、大学への寄付金や論文執筆料など患者の利益より自分の利益を優先した良い例なのではないでしょうか?

あってはならないと思いますが、診断基準を策定するガイドラインに力のある各学会へ製薬メーカーは多大な協賛金を捻出しており、これら学会で決まる診断ガイドラインの数値は改定ごとに変わることがあります。

特に血圧値のガイドラインに見られるように改定ごとに基準値が低くなるのは医師の利益では無く、患者の利益を優先にしていることを願いたいものです。


スポンサードリンク