So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

コラーゲンと美容の真実 [美容]

コラーゲンといえば、肌など美容に良いと言うイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?
美肌.jpg


何故ならば、美容効果をイメージするサプリメントなど存在している事も理由にあると思います。

一方で、口から摂取したコラーゲンは美容効果はほとんどないとする話もあります。本当のところははどうなのでしょうか?

NHKのガッテンにてこの検討をした番組がありましたので、内容を紹介したいと思います。
実験は、コラーゲンを4週間摂取してもらった被験者6名のコラーゲン摂取前後で肌の水分量とシワの数を実測したところ、効果があった人は半分の3名でした。

この理由は、コラーゲンそのものは口から体に入ると胃や腸でバラバラに分解されてしまそうで、当然そうなると肌までコラーゲンの有効成分は届きません。しかし体にある線維芽細胞と言われる細胞がこのバラバラになったコラーゲンを再生する動きをするのです。

そうする事で体にコラーゲンが行き渡る事になるのですが、実験で半数の人にコラーゲンの効果がなかったのはどう言う事なのでしょうか?

繊維化細胞によるコラーゲンの再生が働く人は、体に怪我や炎症などダメージのある人がこの働きをするのです。つまり、体にどこにもダメージがない人がコラーゲンを摂取してもコラーゲンの有効成分は体に行き渡る事はないと言うことのようです。

まさに人間の再生治癒能力を表す現象なのではないでしょうか?
実際医療現場でも床ずれなどによる皮膚の傷をコラーゲンを摂取する方法で治癒する事例もあるようです。

コラーゲンが豊富な食品は?
体のダメージを補う上でコラーゲンの摂取を効率的に行うとすると、やはり食べ物やサプリメントを取り入れる方法になると思います。

食べ物でいえば以下の食品に多くコラーゲンが含まれいると言われております。

・牛すじ
・鳥軟骨
・ハモ皮あり
・豚の白モツ
・鳥砂肝
・豚足など
肉でいえば見るからにブルプルした部分や魚では皮を含め摂取するのが良さそうです。

安く効果的なコラーゲンの摂取方法とは!
コラーゲン摂取の方法として、サプリメントがありますが成分効果としてほぼ同等の商品があります。それは、ゼラチンなのだそうですサプリメントと比べて値段も1/2から1/4との事で継続するにはお財布に優しそうです。

ただし体への吸収効果としてはやはりサプリメントの方が吸収率は良いので、その辺りを判断して選択してもらえればと思います。

番組ではゼランチンを使った料理として、炊飯器にチャーハンの具材とゼラチンを入れて作った炊飯器チャーハンやパスタにゼラチンを加えて料理を紹介しておりました。

チャーハンはゼラチンがお米に膜を作る事で油を使わなくてもパラパラなチャーハンができるとの事です。

まとめ!
美容効果とコラーゲンについては、美容維持するには内面からで、健康的な体を維持する事に他ならないと考えられると思います。

体には過剰な栄養素を取り入れてもそれ以上の効果が期待できないとも言える結果になったと思います。

この食品が特別な効果効能を発揮するなどと言う物はなかなか無いのが現状かも知れませんね!


スポンサードリンク


たったこれだけをしないだけ!おすすめ簡単ダイエット方法!  [肥満]

世の中、色々なダイエット方法があれど・・

肥満.jpg


世の中、新しいダイエット方法が生まれては消え、また新しいダイエット方法が話題になったりと繰り返されておりますよね!

りんごダイエット、朝バナナダイエット、ヨーグルトダイエット、つまさき立ちダイエットなどなど・・・

栄養摂取によるダイエット方法は果たしてその様な効果が期待できるかは、自分自身も試したことがないので何とも言えないのですが、想像するに偏った一部の栄養摂取でも人間の体は調整機能が働くので、栄養成分に大きく影響されるとは考え難いと思います。

また、人間は偏った栄養を撮り続けることで無意識にも足りない栄養を摂取する力も働くことがありますよね。

ですから、○○ダイエットとある食品ダイエットは長続きしないのではないでしょうか?

同様に糖質制限、や炭水化物制限なども長く続かないと思います。

あることをしない簡単ダイエット方法とは?

そこでもう少し簡単にダイエットができないものかと調べてみたところ、これなら自分でもできると思われたダイエット方法がありましたので紹介したいと思います。

実際、自分が試したところ1ヶ月で約5キログラムの減量に成功しました。

その方法とは?

これは中部大学の武田邦彦教授が言われていたことなのですが、ある情報を取らないと言うことです。

その情報とは、グルメ情報になります。

例えば、テレビ、インターネット等で毎日の様に情報発信されているグルメ情報は、テレビではラーメン特集やビュッフェランチや寿司、イタリアンなどなど美味しいそうな情報をリアクション豊富なグルメレポーターが紹介すると、ついつい同じものを食べたくなりますよね?

またインターネットでは、新しいスイーツのお店や人気のメニューなど常に情報が発信されております。

これらの情報は意識的に見るのはもちろん、他のことをしていてもテレビが映っていると無意識に情報が刷り込まれると考えております。

いわゆるサブリミナル的な感じでしょうか?
自分もそんなに食べ物に興味あるわけではないのですが、テレビなどの情報から外に食べに出かけることもしばしばありました。

情報収集も普段の生活習慣の一部になるので、情報収集を変えることで、余分に摂取するカロリーを無意識に減らせることができると言うことです。

グルメ情報はその名の通り美味しそうでカロリーの高いメニューが多いですからね?

ダイエットをすると言う意識もなく、お金もかけずにできる方法としておすすめできるダイエット方法かと思いますので、気なる方はチャレンジされてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク


前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。